次世代のコンクリート補強筋 TAFロッド

鉄に替わり「錆びない」「軽い」「強い」次世代のコンクリート補強筋TAFロッド

新素材のコンクリート補強筋とは?

新素材アラミド繊維を用いて成形された、鉄に替わる最強のコンクリート補強材です!
        その名も「TAFロッド」 TAFロッド

TAFロッドは、絶対に錆びず、引張強度が鉄筋の4倍と強く、比重が鉄筋の1/4と軽く、驚きの機能を兼ね備えた鉄筋では成しえる事を可能にする、最強のコンクリート補強筋です。
材質はスーパー繊維とも呼ばれているアラミド繊維を組紐状に加工し、エポキシ樹脂で硬化させ棒状に成形した物です!
また、組紐状にする事でコンクリートとの付着性にも優れ、引抜耐力み鉄筋と同等を維持します!
コンクリート補強筋とは、コンクリート内部に鉄筋を入れて高い強度が得られると言った補強方法です。ですが、問題もあります。それは、コンクリートの中に入れてある鉄筋です。原因としては、主に2つの事が考えられます。
一つ目は、コンクリートにクラック等のひび割れが生じてしまいます。鉄筋そのものは、空気中に暴露していると大気中の酸素と結合して錆が発生してしまい、長い年月が経つにつれ断面積が錆により腐食してしまい、初めの強度より弱くなってしまう。
二つ目は、コンクリートの中性化が進行していき内部で酸化が進みコンクリート内部にある鉄筋が錆により膨張してしまいコンクリートそのものに剥離などが生じてしまいます。
また、高度経済成長期には曖昧なままの建造物が非常に多く建設されたことから社会問題にもなっています。これらの問題を解決するのがTAFロッドです!!
最初の文章でもご紹介しましたが、TAFロッドは絶対に錆びません。鉄筋の代わりにTAFロッドを使用することにより強度も鉄筋と比べてととても強くなります。

お問い合わせ